再生可能エネルギー
バイオマス発電 現在、地球規模での問題として主に環境汚染・供給電力不足の2点が大きく取り上げられており、世界には電力を十分に利用できない人が依然として約12億人(※)いるとも言われています。
私たちは、これらの問題解決の鍵として再生可能エネルギーに着目し発電事業を立ち上げました。
また、私たちはCFPグループ各拠点に太陽光発電パネルを設置する等環境負荷低減に取り組むとともに、バイオマスを利用した発電を通じ、永続的な低炭素エネルギー社会の構築に向けた新たな挑戦を始めています。
(※)出典:World Energy Outlook 2015



CFP Groupの持続可能な社会への取り組み方針はこちらからご覧くださいませ。



発電設備導入事例
私たちはバイオマス発電所を運営しています。この発電所は再生可能エネルギー普及促進を目的として制度化された資源エネルギー庁の固定価格買取制度に認定されています。
環境に優しいバイオマス燃料を使用し、クリーンなエネルギーを作っています。
《導入事例》
Projects
CFP美の浜工場発電所
詳しくはこちらをご覧ください




太陽光発電パネル
CFPグループ各拠点に太陽光発電パネルを設置する等
環境負荷低減に取り組んでいます。
太陽光発電



ピークカット
省エネ効果の大きいピークカット実現に、発電機の設置をおすすめいたします。
ピークカットとは、電力需要が集中する時間帯の使用電力量を削減することです。
「最も単価が高い時間帯の使用電力」を発電機で補うことにより「基本料金の削減」を実現します。
電気の基本料金は「契約電力」と「基本料金単価」を掛け合わせることで決まります。契約電力は最大デマンドすなわち過去一年間で最多使用電力があった時間帯(30分間)によって決まります。つまり、発電機を導入し、この最大デマンドを下げることにより、基本料金も下げることができます。
ぜひご相談くださいませ。
《導入事例》
発電所
嵐山発電所 詳しくはこちらをご覧ください
発電所


-----関連カテゴリー-----

油化発電事業部 油化事業
グループ会社 株式会社リサイクルエナジー
ページ上部へ